» 2009 » 6月のブログ記事

影響を受けた人

| ブログ |

私自身のことを少し書きたいと思います。

私が今までの人生で最も影響を受けた人は父親です。

以前のブログにも書きましたが
私の生家は飲食店を営んでいまして
私は、生まれたときからずっと父親の商売を見てきました。

飲食業は、日々の仕事がものすごく細かなところまで
決めていかなければいけない商売です。

例えば来店して頂くお客様の人数が少ない場合などは
普段は200円のコーヒーを、その日は190円にしてみたり
店内のレイアウトを変えてみたりと、色々と試行錯誤を繰り返していました。

そういった詳細な変更や修正は、
普通の会社ではあまり実施しないと思いますので
飲食店を営む家に生まれてきたからこそ体験できた事だと思います。

小さな頃からずっとそういった父親の商売
を見て育っていますから、今の自分の会社があると思います。

そういった意味で父親をすごく尊敬しています。

注文していた、フタんぴーず(キャラクターのネーム印)がきました。

こんなにかわいらしいネーム印で、さらに、捺印時にフタが自動で開閉するキャップレス方式なので
フタをはずす手間もいらなく、また無くす心配もいらないので、とても重宝しそうです。

私が今回作ったのはクマさんでしたが、シリーズのウサギさんとブタさんも作りたくなりますね!
     ↓

フタんぴーず

まだ、新メンバーの動物キャラクターも増えるみたいですので、どんな子がでてくるのか楽しみです♪

でもたくさん作ったはいいけど、ペットロスが心配 ・・・(^^;

 

 

こんにちは。藤田です。
硬いタイトルになってしまいましたが(笑)

社員への指導・教育方法

先日、あるセミナーに参加したのですが
そのセミナーでは講師の方が「人を褒めて育てる」ということを推奨しておられました。

私自身が今までやってきた道のりと、ものすごくマッチングしたお話で、
非常に満足度が高いセミナーでした。

部下の指導・教育で迷われる人も多いと思いますが
私自身も社員に対して、どのような方法で指導すべきなのかについて
一時期、本当に迷いました。

起業当初は、どちらかと言うと俗にいう体育会的な指導スタイルでした。

スタートアップ当初で人数が比較的少ない段階では
それでも良いのかなと思いますが、会社がある程度の規模になってきたら、
そういったスタイルだけでは駄目なので方向転換の必要性が出てきます。
自分が一人毎日怒っていても、人数が増えてくると全ての社員まで目が行き届かなくなり、組織として経営者の「想い」を伝わりにくくなります。

もちろん直属の部下に対しては私の口から直接伝える事は出来ますが、
社員全員となると難しいでしょう。

膝と膝を突き合わせて

色々と試行錯誤した結果、直属の部下には、しっかりと思いを伝えていき指導・教育しますが、それ以外のスタッフに関しては褒める事をメインとした指導方法をと思っています。

だからと言って、直属の部下以外は怒らないのかと言うとそんな事はありません。
やはり怒ることも大切だと思います。

説明をしっかりして、相手が納得するまで
本当にキッチリと説明します。
文字通り、膝と膝を突き合わせてという感じです。

女性を怒る場合も同じですね。

 

自分の子供を怒れない親も最近はいるようですが

他人(子供)を怒れないことは、自分自身に甘い部分があるからだと思います。

怒るという行動は大変です。決して楽しいものではありません。

怒られることによって、人としての成長もしていっているのですね。

ハンコとイベント

| ブログ |

こんにちは。藤田です。梅雨ですが晴れの日が続きますね。

出産祝い、成人祝いにハンコをプレゼントしてみては?

ハンコヤドットコムが扱っている商品のハンコですが
多くの方は「自分用」に買われていると思います。

なかなかハンコを他人にプレゼントする人は少ないと思うのですが
意外とハンコをプレゼントするのも個人的には良いと思っています。
あまり季節のイベントには結びつかないハンコなのですが、
ご家族のお祝いには、ピッタリの贈答品です。

プリズム チタン 印鑑 2本セット

ハンコヤドットコムのお客様の中で私がお勧めするのは以下の2つです。

まずは「ご出産のお祝い」。
お子様が生まれると、お子様の将来の為に
定期預金を始めるご両親が多くおられると思いますが
定期預金の通帳印にお子様の印鑑が必要になってきますよね。

しっかりしたハンコを贈るのも良いと思いますが
可愛らしいお子様用ですので最初はカジュアルなハンコが良いと思います。

パールスティック 印鑑

『大人になったらしっかりとしたハンコを改めて持つとして、それまで使ってもらうハンコ』という形での贈り物。

「新しく誕生した生命」 「その名前で一番最初に作るハンコ」
大きくなった時にそのエピソードと共にきっと喜んでもらえます。

その次は定番ですが 「大人になったお祝い」。
お子様が成人式や就職をされた時に
これからは一人の大人として責任を持って生きていくようにと
実印、銀行印、認印のセットなどをご両親からプレゼント。

チタン印鑑 3本セット

独り立ちした後には、それまでよりハンコを使う機会が多くなりますし
以前のブログにも書きましたが、ハンコはその人の「人となり」を表わす物です。
大人としてしっかりしたハンコを持つことは意味がある事だと思います。

一生使えるハンコは、きっと喜んでいただけます。

季節のイベントにハンコは・・・・

季節のイベントには残念ながら
なかなかハンコはなじみませんね。

バレンタインにチョコレートと印鑑・・・。
クリスマスに指輪と印鑑・・・。

ちょっと重いですね(笑)。

最後は冗談で締めました(笑)。

6月13日、シヤチハタ本社のある名古屋のホテルにて、シヤチハタ レーザ・パートナー・クラブの年一回の総会が開かれ、経営企画室 糟谷室長と共に出席してまいりました。

経営企画室 糟谷 室長 

待ち時間中も、仕事の糟谷室長 

 

シヤチハタ レーザ・パートナー・クラブとは、全国のシヤチハタ別注品が作成できる加工機を導入している、日本でも有数の印章販売企業の会員団体で、この総会では、シヤチハタの社長様はじめ役員様も同席の中、年度の事業報告や決算報告などが行われます。

シヤチハタ レーザ・パートナー・クラブ

 

その中でも、もっとも気になっているのは、総会では1年間の仕入高による表彰式が行われます。
日本でも有数の印章販売店や企業が集まる中、過去2年にわたりハンコヤドットコムは3位の成績でしたが・・・

本年度はなんと初めて念願の「1位」を頂くことができました。
インターネット販売だけでなく、全国の実店舗のお店までを含めて1位になれたことは本当に嬉しく思います。シヤチハタ舟橋社長

シヤチハタ 舟橋社長より、1位の表彰!

 

今年は、おまけに昨年度からさらに飛躍的に伸びている企業に贈られる、飛躍賞まで頂くことができました!

シャチハタ 躍進賞飛躍賞の受賞まで頂きました!      

 

これも、ハンコヤドットコムを支持して頂いているお客様、頑張ってくれたハンコヤドットコムスタッフのおかげだと本当に感謝しております。

これに浮き足立たず常に謙虚な心をもちながら、邁進することを改めて心に誓いました。

シヤチハタの皆さん、レーザ・パートナー・クラブの皆さんこれからもよろしくお願い申し上げます。

 

帰りの新幹線のホームで名古屋名物のきし麺を食しました。

きし麺

こんなにおいしい、きし麺・・・初めてです(^^)

 

2009年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930